1/1200ホワイトベース 製作-1

新しい製作日記です。 ホワイトベース バンダイ、1/1200スケール 最近再販された旧キットの一つ、ホワイトベースを作ります。 パーツ構成。想像以上に大きなキットです。パーツ数は少な目で組み立てやすい感じですね。付録として小さなミニチュアが4個付いていますが、今回はホワイトベース本体のみの製作とな…

続きを読むread more

ファイアーフラッシュ号 製作-4

機体を塗装しています。 全てのパーツを接着してからサーフェイサー(1000番)を吹き付けました。 機体全体をスカイブルーで塗装。スカイブルーは、キャラクターホワイトにキャラクターブルーを極少量加えて調色しました。 続いて、キャラクターブルー3+ブルー(サンダーバーズカラー)1 で、ダークブルーの部分…

続きを読むread more

ファイアーフラッシュ号 製作-3

機体の窓をくり抜いたがために、たいへん時間がかかる作業が待っていました。窓をくり抜けば窓ガラスをはめなければいけない。窓ガラスをはめれば中が丸見えになるので、座席を作らなければいけない。天井灯も付けなければいけないと。 ファイアーフラッシュ号の内部構造がよくわからないのですが、とりあえず既存の旅客機を参考にして、2階には214…

続きを読むread more

ファイアーフラッシュ号 製作-2

エンジンの電飾をおこないます。 エンジンパーツの内部に、3mm径砲弾型LED(オレンジ着色)を片側に3個、計6個を取り付けます。エンジンパーツの内部空間は、LED×3個が抵抗を付けてギリギリ入る大きさです。各LEDのリード線はこのエンジン内部で結線してまとめておきます。作業がたいへんですね。 まとめたリード線はY…

続きを読むread more

ファイアーフラッシュ号 製作-1

新しい製作日記です。 サンダーバードに登場するファイアーフラッシュ号です。初めての製作で全体像をイメージできないまま見切り発車。完成まで行き着くかどうかわかりませんが、途中でギブアップしたらごめんなさい。チャレンジしてみたいと思います。 ファイアーフラッシュ号 アオシマ製、1/350スケール パーツ構成。本体…

続きを読むread more

1/1200 マゼラン&サラミス 製作-4

製作日記はこれがラストです。 マゼランとサラミスの塗装を行いました。 下地塗装は、ダークグレーで立ち上げ。 基本塗装は、明灰白色。 マゼランの仕上げ塗装は、明灰緑色をベースにして明灰白色とホワイトを少量加え、やや明るめに調整しました。 サラミスは、明灰白色とホワイトにミディアムブルーを少量加え、さら…

続きを読むread more

1/1200 マゼラン&サラミス 製作-3

続いてマゼランを作ります。 詳細はサラミスと同じなので省略しますが、ノズルには3mmLEDを使用。サラミスが1個に対してマゼランは4個取り付けています。ブルー着色です。 艦橋部分も2階に分かれているので、2012型チップLEDを天井側にそれぞれ取付け。こちらはオレンジ着色です。艦橋窓はくり抜いてクリアプラ板に置き…

続きを読むread more

1/1200 マゼラン&サラミス 製作-2

サラミスから作っていきます。 本体左右パーツにプラチップを貼り付けてディテールアップ。このあたりは昔のキットなので、他のモデラーさんの作品を参考にしながら自由自在に貼り付けていきます。オレ・サラミスですね。 艦橋の窓部分をくり抜いてクリアプラ板に置き換え。天井に2010型のチップLEDを取り付けて下向きに照らしていま…

続きを読むread more

1/1200 マゼラン&サラミス 製作-1

本日から新しい日記です。 期間は約10日。製作記録は3回程度を予定しています。 地球連邦軍主力戦艦マゼラン 同巡洋艦サラミス バンダイ、1/1200スケール いずれも最近になって再版された、古くて新しいキットです。 パーツ構成。本体パーツは左右分割になっています。EXモデルと比較してディテールは単純で…

続きを読むread more

サンダーバード2号 製作記-7

発射台の続きです。 台座の上の地面を塗装して、タミヤの情景テクスチャペイント(草グリーン)を塗りました。塗るというよりは植えるという感じでしょうか。さらに、KATOのフォーリッジ(明緑色)を水性ボンドで接着。 別途作ってあった発射台を接着。 サンダーバード2号を発射台に固定して、支柱を通してリード線を台座内…

続きを読むread more

サンダーバード2号 製作記-6

内部構造を見せる部分にマスキングをして塗装。本体の色は、グリーン5+明灰緑色1で塗装。黄色はイエロー(ブルーエンジェルスカラー)、赤はキャラクターレッド。本体塗装後にコンテナを取り付けました。 本体の底部分。コクピット、ノズル、コンテナ内部の電飾のリード線は、まとめて画像のように取り出しています。このあとは発射台支柱を…

続きを読むread more

サンダーバード2号 製作記-5

後部ノズルの電飾 エンジンパーツの組立 ノズルの電飾には、3mm径の砲弾型LEDをブルーに着色して2個取り付けました。噴射の色はオレンジにしたかったのですが、内部構造の電飾をオレンジにしたので、こちらはブルーにしてみました。 2つのLEDのリード線を結線して、本体の外に引き出しておきます。 エンジン関係のパーツは…

続きを読むread more

サンダーバード2号 製作記-4

コクピットの電飾です。 今回は、2012型LED(2mm×1.2mm角)を使用します。画像のようにキットパーツの上にプラ板を切り取った下敷きを取り付けて、LEDとリード線を固定します。リード線は外径0.59mmの耐熱電子ワイヤーを使っています。 リード線は、パーツに穴を開けて、画像のように取り込んでいます。説明が難し…

続きを読むread more

サンダーバード2号 製作記-3

コンテナの内部を製作します。プラ棒やプラチップで壁面をそれなりにディテールアップ。格納されている機材はジェットモグラです。 コンテナは、カットアウェイにして内部を見れるように加工しました。チップLED(3216型)を2個取り付けて天井照明にします。リード線はそのまま内部ディテールとなります。 ジェットモグラを塗装…

続きを読むread more

サンダーバード2号 製作記-2

発射台を製作します。 画像のように、プラ板スクラッチで四つのパーツを作りました。左から、台座部分、発射台のメカ部分、発射台、ブラスト・ディフレクターとなります。 発射台を乗せる台座については前回日記でご紹介しました。真ん中の四角い穴に別に作ったメカ部分をはめ込みます。両側の凹んだ部分には粘土を入れて地面にします。 …

続きを読むread more

サンダーバード2号 製作記-1

新しい製作日記です。 サンダーバード2号 アオシマ製、1/350、完成全長約21.5cm 本品は、ヤフー・オークションで入手したものです。 画像のとおり、本体がクリアパーツ、コンテナがグリーンのパーツになっています。内部パーツも、クリアパーツと通常パーツに分かれています。元々のキットがこのような構成だったのかよく…

続きを読むread more