1/500・コズミックヤマト 製作-3

本体のディテールアップを行いました。 本体側面にある既存の凸モールドを凹に彫り直し。さらに追加のラインをスジ彫しました。スジ彫りは、タミヤクラフトツールの0.3mmを使用しましたが、0.25mmでもよいと思います。スジ彫りの後は、プラチップをそれっぽく貼り付けてディテールアップ。 甲板と艦橋部分のディテールアップ…
コメント:0

続きを読むread more

1/500・コズミックヤマト 製作-2

製作に時間がかかっています。 ディテールアップと電飾の同時進行です。 波動砲口内部のディテールアップ。この部分は凸モールドがあるのですが削ってプラ棒に置き換え。 波動砲パーツの裏側にLED取付け用のプラパイプを接着し、そのプラパイプにLEDを差し込んで固定します。固定後、遮光処理を行います。 メインエンジ…
コメント:0

続きを読むread more

1/500・コズミックヤマト 製作-1

ギャラクティカ製作失敗につきましては、 たくさんの気持ち玉をいただき まことにありがとうございました。 本日から新しい製作日記をスタートしたいと思います。 宇宙戦艦ヤマト コズミックモデル バンダイ、1/500スケール 実は、このキットはうっかり1/700と間違えて購入してしまったものなんです。荷物が届いた時…
コメント:0

続きを読むread more

GALACTICA/ギャラクティカ 製作-4

ラストスパートです。 本体内部の配線を完了して、パーツを接着します。前回製作の時もそうでしたが、内部空間があるにもかかわらずたいへんな混線状態になりました。 仕上げ塗装が完了しました。赤い部分は、キャラクターレッドと明灰白色を3対1に混合しています。このあとはウェザリングを行います。 台座の塗装も完…
コメント:0

続きを読むread more

GALACTICA/ギャラクティカ 製作-3

塗装作業が長引きそうなので、ここで一度、製作状況を投稿しておきたいと思います。 両舷にあるランディングベイの内部を塗装して、デカールを貼付。少し歪んでしまいましたが良しとしましょう。 本体は、黒立ち上げ(光漏れ防止も兼ねています)のあと、明灰白色と黒を5対1程度に混ぜて上塗り。 次にパネルラインに沿って、同…
コメント:0

続きを読むread more

GALACTICA/ギャラクティカ 製作-2

本体の電飾を行いました。 ギャラクティカのヘッド部分には、光ファイバーを付けました。光ファイバーを使うのはこの部分だけです。少し本数が多すぎたかもしれないです。 両舷のランディングベイ天井部分の電飾。前作では3528型LEDを使いましたが、今回は一回り小さい3216型を用いています。LEDはあとでオレンジに着色します…
コメント:0

続きを読むread more

GALACTICA/ギャラクティカ 製作-1

ギャラクティカの製作は2012年以来、約9年ぶりとなります。 過去作は下記URLをご参照 https://sci-fi.at.webry.info/201211/article_5.html ギャラクティカ・1/4105スケール・メビウスモデル Battlestar Galactica/Moebius 2003年TV放…
コメント:0

続きを読むread more

スターデストロイヤー・Revell 製作-4

本体の台座への取付けと電飾の配線。 わずかにノーズアップ気味ですが、本体をほぼ水平に取り付けることができました。本体と台座の大きさのバランスも想定どおりです。 左右の傾きも問題ありません。 台座内部の配線。見た目はあまりきれいとは言えないですね。ご容赦ください。配線が終わったら、底蓋を取り付けます。この…
コメント:0

続きを読むread more

スターデストロイヤー・Revell 製作-3

-本体の塗装を行いました。 光沢ブラックで下地塗装。 明灰白色で基本塗装。 明灰白色、ブラック、ホワイトを混合して、パネルラインに沿って色の塗り分け。 明灰白色とホワイトを等量混合して仕上げ塗装。 Mr.ウェザリングカラーで汚し塗装。 つや消しクリアを吹いて完了です。 上面パ…
コメント:0

続きを読むread more

スターデストロイヤー・Revell 製作-2

光ファイバーとLEDの取付け、配線が完了しました。 基本的に、光ファイバーは5mm径LED(白色)と3mm径LED(オレンジ)の組み合わせとなります。本体底面のドッキングベイは3mmLED(ブルー)です。メインエンジンは5mmLED(白色)をブルーに着色、ハイパードライブエンジンは3mmLED(ブルー)です。 側面部…
コメント:0

続きを読むread more

スターデストロイヤー・Revell 製作-1

通算10隻目のスターデストロイヤーを作ります。 Revell製としては2年ぶりとなります。 製作開始は、2021年8月18日 基本的に2年前の日記に従って作っていきますので、以下は要点のみの投稿です。詳細は2019年の日記をご参照ください。 前回製作日記はこちら。 https://sci-fi.at.webry.info/…
コメント:0

続きを読むread more

空中要塞ギガント 製作-4

インダストリア工場廃墟の製作。 建物の配置が決定しました。ほかにもいろいろな並べ方があるかと思いますが、今回はコレでいきます。 台座周辺部分の塗装を先に済ませておきます。続いて建物を配置する場所をマスキング。地面の上に、工場跡らしいジャンクパーツやプラチップを配置していきます。 全体にサーフェイサーを吹き付…
コメント:0

続きを読むread more

空中要塞ギガント 製作-3

台座とインダストリアの工場廃墟を作ります。 ピットロード 1/700 欧風建物×2 ピットロード 1/700 陸軍基地×1 1/700 ウォーターライン クレーンセット×1 台座上面の大きさを幅19cm×縦17cmに設定し四方を切り取って八角形に成形。前回製作が幅、縦とも16cmだったので今回は一回り大きい台座と…
コメント:0

続きを読むread more

空中要塞ギガント 製作-2

ギガントへの電飾作業です。 本体底面パーツ。 前作と大きく異なる点は、ノズルにオレンジ発光のLEDを使用したことです。前回は白色LEDをクリアオレンジで着色しましたが、発光色に濃淡のムラが生じやすい(後の修正作業がたいへん)ので、今回はオレンジLEDを使いました。 主翼上面パーツ。ここは前作とほとんど変わりませ…
コメント:0

続きを読むread more

空中要塞ギガント 製作-1

ギガントは本年2回目の製作となります。 キットの紹介は省略し、製作の要点を中心に投稿したいと思います。 空中要塞ギガント アオシマ文化教材社 1/700スケール 最近、未来少年コナンシリーズのキットがアオシマから再販されました。これを機に、購入済みのファルコとバラクーダ号についても、製作の方向が固まり次第、順次作っ…
コメント:0

続きを読むread more